国破れて山河あり 戦乱のために、国は滅びて元の姿はなくなってしまったが、山や川だけは昔のままの姿を残しているということ。

食べたいときに食べられない絶望感

ご飯はお腹が空いて食べたい時に食べるのがいちばんおいしいと思います。
空腹は最高のスパイスというように、お腹が空いている時ほど食べ物を美味しく感じられる時はありません。
おいしいものを食べているという幸福感も、よりいっそう強く感じられるような気がします。

しかし、それとは逆に、お腹が空いているのにご飯が食べられないという状況は、とてもすごい絶望感を与えます。
昨日はなんとか仕事も時間通りに終えて、混んでいる電車に乗って家に帰ってきました。
何はともあれ夕飯を…と思ったのですが、炊飯器には水に浸ったままの白いお米がポツンと佇んでいるではありませんか。
簡単に推測はできますが、おそらく朝急いでいたので、炊飯器のスイッチを入れ忘れてしまったのだと思います。

せっかく駅の近くのお肉屋さんで行列に並んで熱々の焼き鳥を買ってきたのに、ご飯が炊けていないというのは、凄まじい絶望感です。
ご飯が炊けるまで待っていたら焼き鳥は冷めてしまいますし、焼き鳥だけ先に食べるのもなあと思い悩んでしまいます。
すべては私が炊飯器のスイッチを入れ忘れたことにありますが、悔やんでも悔やみきれない悔しさがあります。
きっと誰でもこういう経験って一度や二度はした頃があると思います。

http://www.jackpotcityreferralcode.com/

このやるせない気持ちをどうしようかと考えた結果、昨日は先にお風呂に入ってご飯が炊き上がるのを待ちました。
焼き鳥は少し冷めてしまったけど、電子レンジで温めて食べることにしました。
せっかくの炭火焼き鳥だったのですが、次回はぜひリベンジしたいと思います。

3038

Comments are closed.

Post Navigation